夜空の煌き
ここは台湾人TSCSwaldのブログです。 主に自分の音楽と日記の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと違う方向性
最近聽的東西常常被我妹説不像我聽的東西.
像是前幾天的海頓大提琴協奏曲,
或是今天一直在放的莫札特交響曲.

啊啊雖然我最喜歡的是K543,
可是K551終樂章的賦格也難以割捨.
K385很多手法也非常地帥...
反而是大家都聽過的K550我比較沒感覺.

以前我就有注意到一個巧合.
莫札特,貝多芬還有舒伯特的最後一首交響曲,
在終樂章都有遁展式的結構.
莫札特的剛剛提了,貝多芬的在男高音主唱之後那段,
啊那段也是我非常喜歡的一段...
舒伯特的在長號出來的部分...
那個好像很難分類為發展部,姑且稱之為中段.
好吧,舒伯特那段的規模比較小,列在一起比較是勉強了點.
我想要強調的是遁展這種形式對他們來説究竟是什麼意義?

啊啊寫到這裡就想要聽貝九.也很久沒聽了.
貝九這種神聖的曲子一年只能聽個兩三次啊!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 夜空の煌き all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。