夜空の煌き
ここは台湾人TSCSwaldのブログです。 主に自分の音楽と日記の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この地上に永遠の都は無い
借用文安魂曲的其中一段標題.

州人的保守主義在遭到期中大屠殺終於被埋進了棺材中.
抬頭的是現實主義的外交政策.在911之前還是主流的思想.
保守主義認為要建立超級帝國的美國以追求永久的安全,
所以與可能威脅這個永遠的國家都不存在妥協.
現在現實主義卻主張藉敘利亞與伊朗的力量來安定伊拉克.
(就這層意義來看,或許不該稱這麼夢幻的想法為現實主義?)
──反正這世界上沒有永遠的和平與安定,
只要現在還沒有成為敵國,就可以與其妥協.

像這樣Long-Run悲觀為主軸的思想,很常變成務實的作風.
我也是在Long-Run極度悲觀的人,卻沒有辦法變成這樣.
我總是覺得很多事情作了只是徒勞無功...
因為這世上沒有永遠的都城...
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 夜空の煌き all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。