夜空の煌き
ここは台湾人TSCSwaldのブログです。 主に自分の音楽と日記の記録です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早起きになった
我以前明明早上都很難起來的...
這該算好的改變嗎.


[今日的一曲]
拉威爾:古風的小歩舞曲(Menuet Antique)
到了拉威爾這個時代(20世紀初)還在寫小歩舞曲的人很少,
所以他寫的小歩舞曲當然和古典的海頓,莫札特他們都不同.
可是拉威爾用現代技法詮釋的同時,
又一邊往(比古典時期)更早的時代取材.
這首曲子以非常古老(Antique)的調性為基礎,
但在和聲的協調上卻是人工的(Artificial),富現代感的.
這樣不協調不對稱的趣味真的非常迷人.
配器大師的拉威爾自己也有把這首鋼琴曲改寫成管絃樂版,
正確説來我是先聽到管絃樂版愛上這首才找到鋼琴版.
那個低音的重擊聲響用定音鼓來代替的效果真的太好了.
在台灣比較容易找到的這首的録音應該是Abbado在DG留下的.
可能收在拉威爾管絃樂曲集3CD,也可能收在
與阿格麗希合作的拉威爾鋼琴協奏曲的1CD中.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 夜空の煌き all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。